ガンの予防に効果大!奇跡の植物【キャッツクロー 】の効果とは?

今や、日本の死因No.1になっている【ガン】。

実は、どんなに健康な人でも、ガンの芽は毎日のように発生しています。

あなたの命を奪うかもしれない怖いガンから、体を守る為に日々できることはあるのでしょうか?

ガン予防に効果的な方法と、公的機関にも公式に認められ、ガン腫瘍が消失した【キャッツクロー】の有効性をご紹介します。

項目は以下の通りです。

01. ガンは他人事じゃない時代
02. ガンのメカニズム・原因とは
03. 悪性腫瘍が消えた!奇跡の植物【キャッツクロー】とは?
04. チェルノブイリ原発事故の被爆者治療に使用されたキャッツクロー
05. なぜガンに効くの?キャッツクローの有効成分の効果
06. なってからでは遅い!?なる前の【予防】が重要な鍵

ガンは他人事じゃない時代

あなたも、もしかしたら身近な人がガンになった経験があるかもしれません。

今や、2人に1人ががんになり、3人に1人がガンで亡くなる時代になっています。世代によっては、亡くなる方の半数はガン死なんです。

「うちはガン家系ではないから・・・」

と思っていても、ガンは遺伝が要因だけではなく、悪い生活習慣から発症することもあるので油断は禁物です。

私たちの体を作る【細胞】は、約60兆個も存在しています。この細胞たちは、毎日細胞分裂を繰り返して生命を維持しているのですが、同じ細胞を分裂させる為には、同じ遺伝情報を伝える必要があります。

同じ細胞を作る為に遺伝情報を伝えるには、同じ細胞の設計図が必要になります。

この設計図は、【DNA】と言うのですが、DNAに何らかの原因で傷がつき、正確にコピーできなくなったすえに生まれるのが、ガン細胞なんです。

このがん細胞。どんなに健康な人でも、なんと、1日に5000個も発生しているんです。

こんなガン細胞が1日5000個も…。あまり気分のいいものではないですよね。

しかしご安心ください。こういったがん細胞ができると、そのつど退治しているのが、私たちの強い味方【免疫細胞】です。

 


免疫細胞は、ある細胞を見つけると、まず自分の細胞かどうかを見極めます。
そして、自分の細胞でないと判断すると、殺します。

しかし、がん細胞は、もともと正常な細胞から発生しますので、免疫細胞にとっては【異物】と認識しにくいのです。

それでも免疫細胞は、できたばかりのがん細胞を攻撃して死滅させます。私たちのカラダの中では、毎日、休むことなく、「5000勝0敗」の闘いが繰り返されているのです。

しかし、免疫による監視と駆除も、免疫細胞が弱ったり減ったりすると、やはりミスが起こります。生き残ったがん細胞が、やがて、塊としての【ガン】になっていくのです。

このように、あなたの体にも確実にがん細胞は発生しているんです。

ガンのメカニズム・原因とは

人は1つの受精卵が細胞を分裂させながら、人間としての生命体を築いていきます。

どんな人でも細胞が分裂したり分化したり増殖したりする遺伝子を持ち、正常細胞の遺伝子は23,000種類もあります。また、がん遺伝子は766種類存在するといわれています。

遺伝子の情報はDNA(デオキシリボ核酸)分子が実体ですが、たんぱく質の組み合わせでできてます。このDNAは、生命の誕生や維持に不可欠なものです。

遺伝子情報を担うDNAの構造は、きわめて単純で、

A(アデニン)
G(グアニン)
C(シトシン)
T(チミン)

4個の塩基配列で成り立っているのです。がん細胞はこの遺伝子の変異によって起こります。

がん遺伝子が存在しても、すぐにがんを発病するのではなく、この遺伝子に傷がつくと、細胞をがん化させてしまうのです。

私たちの身体の中には、がんの増殖を促進する遺伝子が存在する一方で、それを防ぐ、【ガン抑制遺伝子】も存在しているんです。

がんが増殖するためのアクセルとそれを防ぐブレーキの両方の働きが、もともと、細胞の遺伝子機能に備わっています。

そのアクセルとブレーキのバランスを保てずに、そのまま細胞分化が進むと、ガン細胞として生まれてしまいます。

しかし、がん細胞として生まれた細胞を、体の異物と判断し、排除してくれる機能も備わっているんです。

その役割をになっているのが、私たちの体を守るためのシステム【免疫】なんです。

正常な細胞の一部ががん化しても、【免疫細胞】の働きが十分に発揮されれば、がん細胞を死滅させ、本格的ながんに発展するのを防ぐことができます。

免疫細胞
このように、体を守るための機能(免疫細胞)が整い、備わっている一方で、【免疫】のバランスが崩れたときや、がん細胞はありとあらゆる方法を使い、ガンの増殖を進めていくのです。

ガンの怖いところは、この状態になっても、自覚症状はほとんどないのです。

その後の、がん組織の増殖スピードは凄まじく、がん細胞は、人が死ぬまで無制限に増殖し、暴走を始めます。

周囲の組織に侵入し、しまいには血液やリンパ液の流れに乗って他臓器に転移転移し、正常な細胞を駆逐していきます。

がん細胞は他の正常な組織に必要な栄養を奪うため、がんの進行とともに身体が衰弱していくんです。

このような、怖いガンが発症するには、

・加齢
・喫煙や過剰な飲酒
・ストレス、栄養不足、睡眠不足、環境汚染
・ウィルス感染など

さまざまな要因が長年にわたって蓄積することが影響しているといわれます。ご覧の通り、ガンが発生する原因は、すぐに解決できない問題ばかりです。

では、毎日できるがん細胞が、ガンになるのを防ぐ為に、有効な方法は何なのでしょうか?

ここで非常に重要なのは、体の異物を排除するためのシステム、私たちの【免疫力】を向上させることなのです。

悪性腫瘍が消えた!奇跡の植物【キャッツクロー】とは?


日頃から【免疫力】を向上させることで、がん細胞を排除し、ガンにかかりにくくなり、また、万が一ガンと診断されてからでも、免疫力を強化することが治療上、きわめて重要なのです。

この、免疫力をすぐにあげてくれる植物が、南米ペルーのアマゾンに存在しているんです。

それは現地の人々に、ペルーが生んだ奇跡の植物と呼ばれる希少な植物で【キャッツクロー】という薬用ハーブです。

はるか580年以上前から、現地ペルーの人々の健康を守り、受け継がれてきました。

これまでは、現地の人々の間だけで使われてきたキャッツクローでしたが、近年、このキャッツクローの研究が、世界各国の研究者・医師により、その有効性が科学的・医学的に明らかになったのです。

チェルノブイリ原発事故の被爆者治療に使用された
免疫力を上げるハーブ、キャッツクロー

有効性が認められたキャッツクロー(英: Cat’s Claw、学名Uncaria tomentosa)は、市場に出始めてからというもの、アメリカでは、爆発的に人気になりました。

その人気の背景には、1986年4月26日にソビエト連邦(現、ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所で起きた原子力事故があります。

この原発事故では、原子力発電所職員と緊急作業者のうち、高線量被ばくをうけた134名中28人が被ばく後間もなく死亡しており、放射線被ばくとは関連が薄いと見られていますが、生存者においては皮膚障害と白内障は主要な影響とされています。

また、緊急作業者以外の数十万に上る作業者では、白血病と白内障の患者が増えている結果が発表されました。

そして、避難した人で、チェルノブイリ原発事故時、小児から青年だった人々の間で、6,000人以上の甲状腺がんが見られました。

多くの人々が、原発の放射線で被爆し、甚大な被害を起こしたのです。

このチェルノブイリ原発事故の報告をうけて、ウクライナ医科学アカデミーの研究チームは、後遺症に苦しむ患者150人にキャッツクローの錠剤を6ヶ月間投与しました。


その結果、90%以上の患者から
腫瘍の縮小・消失が認められたのです。

この結果をもたらしたのは、キャッツクローの有効成分の効果により得られた、【免疫活性化】であるとされたのです。

チェルノブイリ原発事故の治療に使われ有効性が認められた出来事で、キャッツクローの確かな薬効が世界的に認められました。

そして、1994年、ジュネーブで開かれたWHO(世界保健機関)で、

《副作用のない抗炎症剤》

として、世界的に広く認知されたんです。

また、2011年(平成23年)3月11日。日本でも、東北地方太平洋沖地震による地震動と津波の影響により、東京電力の福島第一原子力発電所で発生した、福島第一原子力発電所事故が起こりました。

この当時、被災地支援の一環として、ペルー政府から、福島県に【キャッツクロー】の贈与があったそうです。

なぜキャッツクローがガンに効くの?キャッツクローの有効成分の効果

キャッツクローには、【免疫活性化】の効果があるのですが、その効果をもたらしているのは、キャッツクローに含まれているさまざまな有効成分がバランスよく配合され、その相乗効果によるものなのです。

キャッツクローの主成分である、

【ペンタサイクリックオキシインドールアルカロイド(POA)】

は、健康維持・増進に大いに貢献します。

アルカロイドは、現在までにおよそ2500種類も発見されており、キャッツクローにはその中の6種類、

・イソプテロポディン
・プテロポディン
・イソミトラフィリン
・イソリンコフィリン
・ミトラフィリン
・リンコフィリン

です。

この中でも、【イソプテロポディン】は、キャッツクロー特有の成分で、免疫力を増強する作用が、他のアルカロイドよりも優れているのです。

さらに、【プテロポディン・イソミトラフィリン・イソリンコフィリン】は、免疫細胞の貪食作用を促進し、体内に侵入した細菌やウイルスを死滅させるんです。また、ガン細胞の増殖を抑える働きも持っています。

しかし、やみくもに免疫力を上げるだけでは、逆効果になることもあるんです。

ガンと同じく免疫システムの異常により起こるリウマチは、免疫が強く働きすぎることにより、自分の細胞を破壊する病気です。

キャッツクローのすごいところは、免疫力を向上させながら、キャッツクローの鎮痛作用・抗炎症効果がともに働くことにより、この免疫システム異常の症状を緩和するのです。

免疫システムの暴走を食い止めるのと同時に、二重・三重のケアもこなす点が、キャッツクローの強みなんです。

そして、キャッツクローは、【即効性】に優れており、早い方で1〜2週間で効果が現れます。

このように、キャッツクローは免疫力を増強した上で、そのバランスも素早く調節するので、ガンの予防・治療における効果が大いに期待できるのです。

また、ガン細胞などの異物を直接攻撃する、キラーT細胞の数を増加させる【トリテルペン】や、ガンの原因ともなる活性酸素の生産を抑制する強力な抗酸化力を持つ、【ポリフェノール】【プロアントシアニジン】のような、重要な有効成分も含まれているんです。

こうした貴重な成分が持つ機能の見事な相乗効果が、キャッツクローの【抗がん作用】【白血球増加作用】有効性なのです。

また、免疫力の増強による効果はもちろん、合せ持つ、【強力な鎮痛効果】は、
副作用をもたらすことなく、ガン治療に伴う副作用による痛みを素早く軽減してくれることが期待できます。

ガンになってからでは遅い!?
ガンになる前の【予防】が生涯健康で過ごすための重要な鍵

キャッツクローには、ガンを縮小・消滅させる効果があるのですが、一番重要なことは、ガンになる前に、ガン細胞の進行を防ぐことです。

どんな健康な方でも、1日に5000個のガン細胞が発生していることは、先ほどお伝えしました。

この段階で、しっかりと自分の免疫の力で、ガン細胞を排除できることが【自分の健康は自分で守る】ことではないでしょうか。

もしガンと診断されたら、どうでしょう?

誰でもガンと言われれば動揺し、進行ガンや転移ガンならば、それがあたかも死の宣告のように感じる方も多いかとおもいます。

ガンで多くの方々が命をおとす現代で、健康な人生を歩むために今すべきことは【ガンの予防】です。

あなたも、今日から【キャッツクロー】を使って、自分の健康は自分で守る生活、ガンから命を守る生涯健康生活をはじめてください。

1 個のコメント

  • 欧米の病院・診療所は純正のCat’s Clawエキス飲用の結果で多くの癌患者を救われたことが非常に亜素晴らしいです。切る手術療法・抗がん剤(ナチス時代で使ったマスターガスだった)薬物療法・焼く放射線療法は確かに完治がなくて、そのままに死んでしまうのですが、恐ろしいです。
    私もCat’s Clawエキスの医学文献・論文を熟読し、身につけて、Cat’s Clawエキスを飲んでおります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です