我慢できない関節の痛み!リウマチ・変形性関節症の激痛が一瞬で消える!キャッツクローの力をご紹介

年を重ねるごとに、強まる関節の痛み…。

動くたびにどこかが痛い。階段を登る時は体が悲鳴を上げる…。

そんな、毎日辛い痛みを抱えて過ごしているあなたに、その関節の痛み、リウマチ・変形性関節症の激痛を一瞬で消す方法をお教えするので、是非参考にしてください。

関節が痛い方、関節が痛くてだるい方、リウマチの方までお役に立てる記事になっています。

この記事でお届けする内容は以下の通りです。

01. 曲がらない、歩けない、座れない・・・その不調の原因は?
02. 関節の異常!リウマチ・変形性関節症とは
03. 痛みに効果大!キャッツクロー の力
04. キャッツクロー が選ばれるわけ
05. 関節だけじゃない。さまざまな炎症を抑えてくれるキャッツクロー

曲がらない、歩けない、座れない…。その不調の原因は?


年齢を重ねていくなかで、
何らかの不調を感じることも多くなってきますよね。

代表的な症状に、関節の痛みや、肩こりがひどく感じるようになったり、腰がつらくなって、歩くのも座るのもしんどくなったり・・・

その不調の原因、実は、

・免疫力の低下
・慢性的な炎症

が要因になっているのです。

朝起きたときや長時間同じ姿勢でいたあと、歩いたあとなどに、ひざやひじ、指などの関節が動きにくかったり、腰や、肩に痛みを感じたことはないでしょうか?

とくに寒い時期には、関節の痛みもいっそう感じやすくなります。

こうしたこわばりや腫れ、痛みがあったら、関節などに、炎症が起きている可能性があるのです。

関節痛(関節炎)は、私たちの体に備わっている【免疫システム】が異常を起こし、
自分の細胞を攻撃したり、増えすぎた活性酸素が原因で【慢性的な炎症】が発生しているためなのです。

その代表的なものが、変形性関節症関節リウマチです。

関節の異常!リウマチ・変形性関節症とは


平成4年の国民生活基礎調査によれば、
「手足の関節が痛む」と訴える人数は、日本全国で560万人、人口の4.5%を占めています。

その代表的な関節の病気に、変形性関節症とリウマチがあります。

変形性関節症は、主に関節にかかる負担や関節の使いすぎによって関節の軟骨がいたみ、そこから病気が進んでいきます。

このため、薬物療法で症状をやわらげながら、運動療法で関節の周りの筋肉を鍛えて関節の機能を保つことが大切とされ、関節を守るために、装具を使うこともあります。

関節リウマチは、30~50歳代の女性に多く発症するとされており、
免疫の異常が強く関係し、関節の滑膜に起きた炎症が周囲に広がっていきます。

病院では、免疫の異常を抑える薬を使って、炎症や関節の破壊を抑える治療が行われます。国内で70万人の罹患数が確認されており、年々その患者数は増えています。

関節リウマチで生じる関節の腫れと痛みは、免疫の働きに異常が生じたために起こります。

免疫は、外部から体内に侵入してきた細菌やウイルスなどを攻撃して破壊し、それらを排除する働きを担っています。

しかし、免疫に異常が生じると、誤って自分自身の細胞や組織を攻撃してしまいます。それにより炎症が起こり、関節の腫れや痛みとなって現れてきます。

その炎症が続くと、関節の周囲を取り囲んでいる滑膜が腫れ上がり、さらに炎症が悪化して、骨や軟骨を破壊していくのです。

また、関節リウマチは、軟骨や骨が破壊された後、関節の機能が損なわれます。
早期に治療すれば関節破壊の進行を抑制できるのですが、放っておくと関節が変形してしまうんです。

そして、悪化すると腫れや激しい痛みを伴い、関節を動かさなくても痛みが生じるのです。

▼関節が変形して悪化した例▼

その他にも発熱や疲れやすい、食欲がないなどの全身症状が生じ、関節の炎症が肺や血管など全身に広がることもあります。

また、病院での治療では、薬物治療を中心に行います。しかし薬物療法では、肝障害などの重い副作用が起こることも多いのです。

この2つの関節の病気は、一見、違う原因が考えられていますが、先ほどもお伝えした通り【免疫システム】が異常を起こし、自分の細胞を攻撃し、増えすぎた活性酸素が原因で【慢性的な炎症】が発生していることが原因なのです。

そして、この免疫システムと、慢性的な炎症を1度に解決し、痛みを消してくれるハーブが、南米ペルーにあるのでご紹介します。

関節の痛みに効果大!キャッツクローの力


南米ペルーは、薬草の宝庫で、
実に様々な薬用ハーブが存在しています。

ペルーのハーブの中でも、欧米で最も知名度が高いのが【キャッツクロー】です。

キャッツクローという名前の由来は、葉のつけ根に猫の爪のようにそり返ったするどいトゲが生えていることからその名前がつけられました。


ペルーアマゾンの先住民は、キャッツクローを先祖代々受け継がれてきた【伝承薬】として、リウマチや胃潰瘍、ガンなどのさまざまな疾病に用いてきました。

近年は、欧米の研究者や医者によって、その効果が科学的に実証されています。

特にリウマチや関節炎など激しい痛みを伴う炎症に効果が高いとされ、有効成分としては【ペンタサイクリックオキシインドールアルカロイド】とよばれる、数種のアルカロイドが多く含有されています。

これらのアルカロイドは免疫力向上作用が確認されており、関節だけでなく、抗ガン作用の研究も進められています。

また、【トリテルペン】【プロアントシアニジン】などの、抗炎症作用がある有効成分も含有しているんです。

WHO(世界保健機関)ではその有効性を世界的に評価し、1994年にはキャッツクローを【副作用の少ない抗炎症剤】として正式に認めています。

さらに、キャッツクロー には強い【鎮痛効果】もあわせもっており、リウマチ以外にも【神経痛、慢性の肩の痛みや腰痛】【偏頭痛のような発作的な痛み】などにも効果が高いのです。

男女関係なく、悪い姿勢・肥満・加齢による筋肉の衰えが、さまざまな慢性の炎症を起こす原因になっていますが、こうした痛みには、現代医学でもなかなかよい対処法がないのが現状です。

一般的な腰痛などの痛みの場合、マッサージなどに頼っている方も多いのではないでしょうか?しかし、少し時間がたつと、何度も同じ痛みがでてくる。

できれば、痛みの原因を直接治したいですよね。

キャッツクローは医薬品に指定されていないので、法律上の問題から病院では処方されていませんが、様々な痛みに医学的に有効的な効果を発揮するのです。

キャッツクロー が選ばれるわけ


日本では、まだ認知度が低いキャッツクロー ですが、実は、
アメリカでは最も知名度が高いハーブがキャッツクローなんです。

意外かもしれませんが、数あるアメリカのハーブサプリメントの中でもNo. 1の人気を誇っています。

キャッツクローがアメリカで人気なのは、キャッツクロー が持っている有効性はもちろんですが、他にも、

・即効性
・習慣性がない
・副作用がない

ことが大きな理由です。

一般的なハーブは、医薬品などで精製されていない限りは、その効果を確認するには時間がかかることが多いです。

しかし、キャッツクローには即効性があるため、今すぐにどうにかしたい偏頭痛や炎症などの発作的な痛みにも有効なのです。

また、通常、そういった場合に使用する医薬品なども毎日使用していると、習慣性のできるものがあります。

習慣性とは、連用しているうちに、だんだん量をふやさないと効かなくなることです。

また、長く使っていて依存性の生じている人が急にやめると、不眠症など精神症状が起こったり、頭痛や吐き気がして元気がなくなったりするため、やめようとしても、なかなかやめられないようになることなんです。

さらに、抗炎症剤などを医薬品で長期しようしていると、副腎不全や胃腸障害、肝障害、腎障害、造血障害などの副作用が起こるとされています。

キャッツクロー には、こうした習慣性や副作用がないため、毎日飲んでいても、効きが悪くなり、量を増やさなければならないということがなく、安心安全に使用することができるのです。

※普段、医薬品を飲んでいる方は、飲み合わせの問題がありますので、かかりつけ医へご相談ください。

関節だけじゃない。さまざまな炎症を抑えてくれるキャッツクロー


キャッツクロー には、変形性関節炎・リウマチ・神経痛・慢性の肩の痛みや腰痛・偏頭痛
などに効果があることをご紹介しましたが、キャッツクローは、炎症をともなう全ての症状に効果があるのです。

【炎症】は、私たちの体を守る《治療プロセス》《免疫システム》

です。

その【炎症】が《慢性的》になったとき、免疫系の暴走が始まり、自分の体を攻撃し始めます。

その反応により、本来攻撃対象ではない健康的な組織を攻撃し、臓器が壊され、さまざまな病気を発症したり、老化が加速する原因になるのです。

また、このような病気の元となる《慢性的な炎症》の恐ろしいところは、自覚症状がほとんどないこと。

また、近年では、全ての病気の原因は【慢性炎症】であるといわれているんです。

一見全く違うようですが、歯周病・動脈硬化・腸炎・がん・アトピー性皮膚炎・花粉症・喘息、認知症・うつまでもが、【慢性炎症】が原因で起こっています。

そしてこの様々な病気の原因となる慢性的な炎症を抑えることは、
【自己免疫システムの正常化】により防ぐことができるのです。

免疫システムとは、私たちが持っている【自然治癒力】

さまざまな免疫細胞が私たちの自然治癒力に大きな働きをしています。

キャッツクローは、免疫力が低い人は、免疫力を向上し、免疫力が暴走し、攻撃性が高くなっている人には、その免疫システムを調整することにより、慢性的な炎症を抑え、健康に若々しくいられるようになるための効果があるのです。

【自然治癒力】そのものを高めてくれるキャッツクロー を使うことで、不快な痛みを和らげることができ、病気の予防をすることで、毎日の生活を楽しくし、人生を明るくすることができるのです。

あなたも、奇跡の薬用ハーブ【キャッツクロー】を使って、リウマチや関節の痛みを改善してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です