こんな症状、実は未病かも!?体質改善植物【キャッツクロー 】

女性の悩み

普段生活していて、病院で診てもらうほどではないけれど…

◇何となく身体がだるい
◇頭が痛い
◇肩がこる
◇食欲がない
◇やる気が出ない

といった症状を経験したことはありませんか?

これらの症状は決して気のせいや甘えではありません。
このような病名のつけられない不調を【未病】というのです。


未病をそのまま放置していれば、病気になる可能性が高くなるんです。

この、病気の手前の状態【未病】を元から解決するための具体的な方法を、このページでご紹介していきます。

項目は以下の通りです。

01. 未病って何?
02. 未病を治すには、体質改善が重要
03. 究極の原因療法!有効な【キャッツクロー】とは?
04. 体質まで改善する【キャッツクロー】の有効成分
05. 未病から病気になる前に

慢性的な体のだるさ、未病って何?

「疲れやすくなった」
「肩がこる」

など、病院で診察してもらうほどではないが、体に異常を感じる、もしくは病院に行っても具体的な病因はわからない。

あなたも、こういったことを経験したことがあるのではないでしょうか?

最初にもお伝えした通り、このような病気になる一歩手前の状態を【未病】と呼びます。

未病は、病名がつけられない以上、半健康状態と言えますが、病気ではないからとそのままにしておくと、本格的に病に侵されてしまうのです。

この未病、もともと中国で行われていた伝統医学を元に、日本で独自に発展した伝統医療技術【漢方】の考え方をベースに定義されます。

あなたもご存知かもしれませんが、漢方をはじめとする東洋医学では、ひとりひとりの個人差を重視した治療を行います。

仮に同じ症状を持っていても、体質や体型、抵抗力、自覚症状などは人によって行うべき治療は異なります。そのため、多角的に判断しながら一人一人にあった治療法を見つけるのが、漢方の特徴です。

あなたが普段通っている病院をはじめ、現代医学は、西洋で発展してきた現代医学【西洋医学】が中心となっています。

西洋医学では、体を臓器や機関の集合体として考えます。診断する上で、どの臓器や器官に異常があるのかを検査し、原因を究明していきくわけです。

また、その治療法は、細菌に対する抗菌薬(抗生物質などの科学薬物)のように、病気の原因に対して、あるいは外科手術のように、病巣を切除するなどの発生した症状に絞って行うのが基本とされています。

西洋医学は、このように表面的な症状、発生したあとの症状を緩和することを目的にした【対症療法】が中心となっています。

いっぽう、漢方をはじめとする【東洋医学】では「心身一如」という言葉があり、心と体はひとつのものと考えて、心も含めた全身の状態や体質から、診断していくんです。

この漢方の治療法は、【原因療法】といい、病気の原因となっているものを突き止め、それを取り除く治療なのです。

たとえば、風邪をひいた方には、その原因となっている体の冷えなど、その人の体質の問題を突き止め、改善するために普段の生活習慣についてアドバイスを行う。

また、植物、動物、鉱物などの天然素材を加工した生薬を組み合わせ、根本的な問題を解決するために治療を行うのです。

現在、西洋医学が主流となっていますが、未病などをはじめとし、昨今の医療は単に病だけではなく、ひとの心身全体や、生活環境を診断する必要性が出てきています。

これまで多くの医療機関で行われてきた医療【対症療法】では、病名もつけられず、対応すらできない体の症状【未病】が多く出てきたためです。

今、医療の世界でも、【原因療法】を中心とした漢方などの伝統医学や、西洋医学以外の医学や医療法【代替医療】も必要であるという考え方に、急速に移行しているのです。

未病を治すには、体質改善が重要

未病の症状は実にさまざまです。些細に思えることでも、身体が発信している、病気のはじまりのサインかもしれません。

未病の症状の一例としては、

・身体が冷える
・疲れやすい
・肩こりがひどい
・腰が痛い
・むくみやすい
・食欲がない
・寝つきが悪い
・眠りが浅い
・頭痛がする
・顔色が悪い

など。

上に記載した項目が、2つ以上当てはまったら未病を疑ってみてください。

上記のような体が送る異常のサインに注意していれば、事前に病気を防ぐことができるのです。

また、現在、すでに未病の状態になってしまっていたら、病気に発展させないために【体質改善】をすることが必要不可欠です。

体質改善というのは、生まれてから後に生じて、偏った体質、慢性的な不調を改善するという意味です。

生まれながらの体質は、太る体質、痩せる体質、又は筋肉質、遺伝的な病的素因も生まれながらの体質です。これらの体質は、好き嫌いに関わらず、なかなか変えることが出来ません。

しかし、歳を重ねる上で作った体質は、生活習慣の見直しで変えることが出来ます。

赤ちゃんの頃から、なんとなくダルかった方はいませんし、むくみやすかった方も、肩こりがひどかった方もいません。上記に記載したような未病の状態は全て改善することができるのです。

生活習慣の中でも、体の状態が特に大きな影響を受けるのは食生活です。

食べ物、飲み物で体が作られるので、これらを偏って摂取していると、体に蓄積し、段々と異常をきたしてくるのです。漢方にも、食べたものは体に取り入られ、それが薬になれば、毒にもなるという考え方【医食同源】という言葉があります

良い方向に体質を改善して、未病をなくし、毎日快適に生活するためには[日頃から何を食べるか][どのような栄養素を取り入れるか]が重要なのです。

しかし、食生活を変えるのも忙しい毎日では、体質改善のために対策をうっていくことも、簡単なことではありませんよね。

そこで、体質を元から改善し、未病状態から健康状態になるために「これだけ飲んでおけば大丈夫」という成分がありますので、ここでご紹介したいと思います。

それが、南米ペルーのアマゾンに自生し、現地の人々に【奇跡の植物】と称される、【キャッツクロー】です。

究極の原因療法!有効な【キャッツクロー】とは?

もしかすると【キャッツクロー】という名前を、あなたは初めて聞いたかもしれません。

日本での認知度はあまり高くはありませんが、サプリメント大国アメリカでは、非常に認知度が高く、ハーブサプリでは人気ナンバー1。数千種類あるとも言われるサプリメントでも、ベスト10にランクインするほど大人気の健康素材です。

では、キャッツクローとはなんなのか?

キャッツクローは南米ペルーのアマゾンに自生し、インカ帝国の時代から、現地の人々の間で、【奇跡の植物】と呼ばれ、さまざまな病気の治療に用いられてきた伝承ハーブなんです。

また1970年代に、このハーブが発見されてから、現代科学により、世界各国多くの医者や研究者により、その薬理作用や効果が確認されてきています。

1986年には、旧ソ連のウクライナで【チェルノブイリ原発事故】が起こり、その事故で被爆した方の治療に、キャッツクローが使われました。

その有効性が明らかになり、効果が世界的に認められ、1994年には、スイス・ジュネーブで行われたWHO(世界保険機構)で、キャッツクローは副作用のない抗炎症剤として世界に認められ、医学の世界でも堂々と市民権を得たのです。

この世界的認められたキャッツクロー。当然、世界が公式に認めるくらいなので、さまざまな有効成分を多数含んでいます。その有効成分の相乗効果で【免疫力の増強】をしてくれる、強力な効果をもっているのです。

これはまさに、病気になる前に、万病の原因である【免疫力の低下】を根本的に解決し、健康かつ活動的な生活を実現させる手助けとなるのです。

体質まで改善する【キャッツクロー】の有効成分

免疫力の増強効果だけではなく、キャッツクローは、さまざまな症状の原因を、体質から改善するための有効成分が多く含まれています。

少し専門的な話になりますが、まず特筆すべきは、キャッツクローにしか含まれていない、代表的な有効成分、《オキシインドールアルカロイド》です。

《オキシインドールアルカロイド》《ペンタサイクリックオキシインドールアルカロイド(POA)》と呼ばれる、6種類のアルカロイドで構成されています。

キャッツクロー独自の6種類のペンタサイクリックオキシインドールアルカロイドは、

・イソテロポディン
・プテロポディン
・イソミトラフィリン
・イソリンコフィリン
・ミトラフィリン
・リンコフィリン

です。

ペンタサイクリックオキシインドールアルカロイドの働きは、好中球やマクロファージなど、私たちの身体に備わっている、免疫細胞の貪食作用を促進し、免疫機能を増強する作用があるんです。

さらに、

・神経節のブロック作用
・副交感神経の感覚伝達を高める効果
・細菌の繁殖、血小板の凝集を抑制し、血栓を予防する効果
・血圧を下げ、血液の循環を促すとともに、動脈壁のプラーク形成 (動脈硬化の原因となるもの)を抑制する効果

など、私たちの体にさまざまな有益効果があることが分かっています。

そのほかにも、

キノビック酸グルコシド
・強い抗ウイルス作用

トリテルペン
・抗酸化、抗腫瘍、抗潰瘍、抗炎症、抗アレルギー
・免疫細胞増加作用

プロアントシアニジン
・ビタミンEの50倍、ビタミンCの20倍以上の
《活性酸素除去作用》
・ビタミンCの吸収を高める効果
・抗アレルギー、抗腫瘍、抗炎症作用・低血圧改善効果

植物ステロール
・コレステロールレベルを制御する作用
・疲労回復効果
・持続力増強(スタミナ向上)

などなど、キャッツクロー には様々な有効成分が複合的に含まれ、6種類のペンタサイクリックオキシインドールアルカロイドと
他有効成分がいっしょに作用すると、さらに優れた相乗効果を発揮することが分かっています。

そして、さらに特筆すべきなのは、このキャッツクローには相当なメリットがありがながら、副作用が見られないのです。

メリットがあるのに、何故副作用がみられないのか?

その理由は、キャッツクローが含有する様々な成分の働きによって、バランスの取れた効果がもたらされるからだと研究で判明しています。

キャッツクローが、免疫力を上げてくれることで、体の血や体液の巡りが良くなり、心身の活力が上がり、体に抵抗力をつけることができるようになります。

この、キャッツクローの【体質改善効果】こそ【未病】を改善するためになくてはならないものなのです。

未病から病気になる前に


現在、未病の状態になっていても
「まぁなんとかなるだろう」「そこまでキツイわけじゃないし大丈夫」とたかをくくっている方も多いのが現実ですが、これは非常に危険なことです。

【病気になれば治せばいい】時代はもう終わりつつあります。
厳しいことを言ってしまうと【病気になったらおしまい】な病気も残念ながら存在するのです。

未病の状態から、いざ病気になってしまうと、病気により苦しんだり、治療を受けるために入院したり、通院したり。

病気にならずに健康を維持しているのとでは、生活の質に天と地の差があります。

【治療】するから、【予防】するへ。
自分の健康は自分で守りましょう。

そして、表面的な症状を緩和するよりも、免疫力強化や体質改善などの、より根源的な治療を重視し、化学合成物ではなく自然なものを取り入れる【自然療法】を積極的に行いましょう。

その中でも、キャッツクローなどを使うのフィトテラピー(植物療法)で、安全かつ安心して体の不調を改善することが、望ましいのです。

そして、未病のような初期の段階で病気の芽を摘むことで、病気自体を防ぐことが可能になります。

いつまでも元気でいきいきと暮らすために、キャッツクローで未病改善に取り組みましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です