コンビニで手に入る!免疫力を上げる商品

コンビニ

全国で5万7000店舗以上存在するコンビニエンスストア。
あなたも週に数回利用することも多いのではないでしょうか?

コンビニには、実に多くの商品が並び、新商品も次々と発売されていますよね。
実はこのコンビニ商品で、免疫力を上げることができるんです。

目次
01.免疫力を上げる商品がコンビニに!?
02.免疫力を上げる商品を選ぶポイント
03.免疫力を上げるコンビニ商品
04.免疫力を下げるコンビニ商品
05.手軽に免疫力をあげよう

免疫力を上げる商品を選ぶポイント

免疫力を上げることは、健康になるための第一歩です。
免疫力については、こちらの記事をご覧ください。

→ 
免疫力とは?

免疫力を上げるために、コンビニ商品を選ぶポイントは、

【1】身体の元となる良質な[たんぱく質]を選ぶ
【2】腸内環境を整えるものを選ぶ
【3】病気の根源[炎症]を抑えるオメガ3系脂肪酸を選ぶ

この3つです。

では、1つずつ紹介していきます。

身体の元となる良質な【たんぱく質】を選ぶ


たんぱく質は、私たちの身体の元となる栄養素です。


私たちの身体は、たんぱく質を分解し、必要なエネルギーを作り出します。


その分解されたたんぱく質を消費する際に、熱が発生し、身体を温めます。

身体が温まることで、免疫細胞が活性化する環境を整えることができるため、たんぱく質を摂ることは免疫力を上げる上でたいせつなことです。

腸内環境を整えるものを選ぶ


腸は、私たちが食べたものを消化、吸収、排泄をしてくれる器官ですが、
実は、免疫細胞の70%は腸に集中して存在しています。

この腸が不調をきたすと、免疫力は大幅に低下します。

腸の働きを正常化させるために働いているのが、【善玉菌】と呼ばれる菌なのです。

善玉菌は、乳酸菌やビフィズス菌などが有名ですよね。

この善玉菌を摂ることで、腸内の善玉菌を活性化させ、腸の働きを正常に保つことができるようになり、免疫力が上がるのです。

病気の根源【炎症】を抑えるオメガ3系脂肪酸を選ぶ


今、すべての病気の始まりは【炎症】が原因だと言われています。


血管や細胞に炎症を起こす原因としては、糖分の摂りすぎによる高血糖、脂肪分の摂りすぎによる血中脂肪、増えすぎた活性酸素、高血圧などがあげられます。

さらに、炎症が加速し慢性炎症となったときには、免疫細胞が暴走し始めるため、そのような状況にならないためにも、炎症を防ぐことは大変重要です。

この炎症を防ぐためには、血流の促進や炎症を抑えることが重要です。

オメガ3系脂肪酸は、血圧を下げ、悪玉コレステロール値を低下させ、
血流の促進を促してくれる効果があるため、
免疫力維持にも大変重要です。

免疫力を上げるコンビニ商品


では、いよいよ本題です。

[コンビニで買える免疫力アップ商品]をご紹介していきます。

ブラックコーヒー


最近は、どこのコンビニでも見かけますよね。


コーヒーは【不健康】というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、
実は、

・血糖値の上昇を抑える
・心血管疾患の死亡リスク低下
・痛風予防

などなど、さまざまな健康効果があきらかになってきているんです。

しかも、コーヒー一杯、4キロカロリー程度とヘルシーです。


しかし、砂糖の入れすぎ・クリームの入れすぎ・コーヒー牛乳などの甘いコーヒーは、肥満・糖尿病の原因になるので、注意してください。

チーズ


チーズには、必須アミノ酸をバランスよく備えた上質なたんぱく質が含まれています。

また、チーズに含まれているカルシウムは骨を丈夫にし、血糖値を下げる働きが報告されています。チーズは発酵食品なので、腸の働きを整えてくれる効果もあります。

ヨーグルト製品


ヨーグルトは乳酸菌が豊富で、腸管の免疫力を高めてくれる発酵食品の代表です。


腸の働きを整えることで、様々な効果が期待できるのです。


コンビニは、低脂肪のものや、ドリンクタイプのものなどたくさんのヨーグルト製品が並んでいますよね。

しかし、脂肪ゼロで果物や砂糖が入っている甘い商品は、要注意です。


脂肪ゼロで加糖されていないものは、問題ないのですが、
果物や砂糖が入っているものは糖分過多になりやすいのです。

選ぶならできるだけ、糖分不使用・プレーンヨーグルトのものをおすすめします。

ゆで卵


実は、卵はビタミンCと食物繊維以外のほとんどの栄養素をバランスよく含んだ完全食品なんです。

そのなかでも、たんぱく質豊富で免疫力アップに欠かせません。

コレステロールが多いのでは?と感じている方も多いかと思いますが、
卵1個のコレステロールは、1日摂取基準の3分の1ほどにすぎません。

また、近年コレステロールに対する考え方が変わってきています。


またコンビニのゆで卵は、茹で加減や味付けなどが絶妙で、すでに健康志向の40〜50代の方から大人気の商品です。

サラダチキン


鶏肉の特にムネ肉は、低カロリーで質の高いたんぱく質が多く含まれています。

また、私たちの身体に発生した過剰な活性酸素を抑えて、細胞の炎症を防いでくれる効果もあるのです。

また、鶏肉には疲労回復を助ける効果もあり、免疫力を上げるために、非常に良い食品です。

ここで1つ注意したいのが【添加物】の問題です。

コンビニで販売されているサラダチキンには、見た目を綺麗に保つための保存料などの添加物が含まれています。

この添加物は、腸内環境を乱す原因になることもあります。


なるべく、添加物の少ないものを摂ることが大切です。

コンビニ大手3社で比べると、ローソンのサラダチキンが添加物が一番少ないのでおすすめです。

サバ缶


サバの主成分もたんぱく質です。

さらに、サバのような青魚には血液サラサラ成分であるEPA・DHAが多く含まれています。

脂質を代謝してくれるビタミンB2も豊富に含まれており、
免疫力アップにはとても効果のある食材です。

サバ缶は、生のまま缶に詰められ、大型の圧力釜で高温で熱処理されているので、骨まで柔らかく食べやすいのが特徴です。

免疫力を下げるコンビニ商品


では、コンビニ商品でついつい買ってしまい、

[免疫力を下げてしまう商品]をご紹介します。

食べるプラスチック!ホットスナック(揚げ物類)


コンビニ商品の中でも、レジ横で目につく揚げ物類。


小腹が空いた時や、おつまみなどについつい購入してしまいがちですよね?


このホットスナックには、動脈硬化を急激に進める【トランス脂肪酸】が大量に含まれています。

その理由の1つは、トランス脂肪酸を大量に含んでいるショートニングという材料が使われているからです。

ショートニングを使うと、食べた時にサクサク感が出て食感が良くなるため、
よく使われています。また、フライ用として使われることも多いのです。

さらに、アメリカンドッグはソーセージもが入っています。

ハム・ベーコン・ソーセージなどの加工された肉は、
身体に害を及ぼす亜硝酸塩などの添加物や塩分も多く、発がん性の根拠はタバコやアスベスト並だともいわれています。

またフライドポテトなど、ジャガイモを油で揚げると、発がん性物質であるアクリルアミドが大量に発生することが分かっています。

完全なる糖分過多!甘すぎドリンク


コンビニに売られている甘いジュースなどは、多量の糖分と人工甘味料の問題があります。


糖分は、私たちのエネルギーになりやすい成分で、身体に必要な栄養素ですが、摂り過ぎた糖は、老化の原因になるだけではなく、腸内細菌の悪玉菌を増殖させる要因にもなります。

人工甘味料は、合成甘味料ともいい、化学的に合成した甘味をもつ化合物です。

この人工甘味料、腸内細菌に作用してバランスを乱し免疫力を低下させ、
さらに血糖値も上昇していることが分かっているんです。

腸内細菌が糖尿病に影響することはすでに実証されており、人工甘味料によってそうした腸内環境が作られていることが確認されています。

さらに、人工甘味料には依存性があることも分かっています。


甘味を感じた時に人間の脳はドーパミンを放出するので、過度に摂取すると、ドラッグによる禁断症状のように中毒のような状態になってしまうのです。

コンビニ弁当・惣菜


1つのコンビニ弁当には、ざっと数えても300種類の食品添加物が入っていると指摘されています。


また1つ1つの食品添加物の安全性が保障されてても、
他の物質と反応して、どのような物質ができるか分からないという危険性が、食品添加物には潜んでいるんです。

この添加物は、免疫力を低下させる原因を多く作り出してしまいます。


また、コンビニ弁当や惣菜を食べ続けていると、栄養失調になってしまうのです。

これは、新型栄養失調と言い、カロリーなどの栄養素、糖質、脂質などを中心とした、
栄養素は太るほど摂れるのに、身体の調子を整えていくミネラル、ビタミンなどの栄養素が不足してしまっている事を指した言葉です。

つまりきちんと食べているのにもかかわらずに栄養不足になってしまっているのです。


食事の基本は、バランスの良い栄養を摂取することです。

免疫力も、そのバランスで強くもよわくもなるのです。

手軽に免疫力をあげよう


コンビニ商品にも、免疫力を上げてくれるものと、
免疫力を下げてしまうものがあることがお分りいただけたかと思います。毎日を健康に過ごすためには、免疫力を上げるものを積極的にとりたいですよね。

しかし、忙しい現代人は、自炊をすることがいいとされていても、時間がなく進んでできないことが多いかとおもいます。

そんな方に、どこにでもあるコンビニで手軽に手に入る商品の中で、健康のためにとれるものを理解して購入し、自分自身の健康を守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です