加齢による様々な不調をサプリメントで解決しよう

老化防止

年齢を重ねていくにつれ、生活の支障になるほどではないけれど、原因が思いつかない不調や、体の調子が悪く心身ともにハリを失いかかけていませんか?

年齢のせいにして、不調の原因が分からずにいると、改善できるかもしれないその症状が悪化してしまうかもしれません。

あなたの、今ある不調の原因を知り、早めの対策を行うことでハリのある毎日を送りませんか?

項目は以下の通りです。

01.年々ひどくなるその症状と原因
02.加齢による不調の原因を知ろう
03.不調の原因に効果のあるサプリメント成分
04.年齢に負けない快適生活を

01.年々ひどくなるその症状と原因

加齢【加齢で起こる様々な症状=老化】とされています。

人は生まれてから亡くなるまで、常に体は変化を起こしています。

ある時までは〈成長〉と呼ばれますが、人として成人し成熟期を迎えると、そこから先は〈老化〉と呼ばれるようになります。

もちろん、これは誰にでも起こる変化ですが、そのスピードには個人差があるんです。

〈老化〉とは、成熟期以降に起こる生理機能の衰退のことをいい、遺伝的な要因や外からのストレスに対し、適応能力が低下することで起こる変化と考えられています。

また、時の流れるスピードはすべての人に共通であり、同じ日に生まれた人は同じスピードで暦年齢を重ねていきます。

しかし、成長のスピードに個人差があるのと同様に、老化のスピードにも個人差があるんです。

また、体の中の組織や細胞によってもそのスピードが変わってきます。

一部の組織の老化が進んでしまっても、他の組織は実年齢よりも若い、ということもあり得るのです。

ここで老化の原因であるとされている要因をご紹介します。

老化の原因の1つは、【増えすぎた活性酸素によって起こる体の錆び】と考えられています。

体の中で増えすぎた活性酸素は、身体の様々な部分を錆びさせる原因の一つですが、活性酸素が体内にできる原因も様々あり、呼吸をした際に吸い込む酸素の一部が活性酸素となってしまったり、車の排気ガス・たばこ、紫外線、激しい運動や心理的ストレスなど。

このような様々な要因は、活性酸素の発生量の増加や蓄積を誘発し、体を錆びさせ、老化の原因になってしまうんです。

また、40歳代になると活性酸素を取り除いてきた【抗酸化酵素】の力が急速に減少してしまうことも分かっています。

2つ目の原因は、【加齢による腸内環境の変化】です。

加齢による腸内環境の変化は、運動しなければ筋力が落ちるのと同様、何も対策をしなければ、その変化を抑えることはできず、抗うことのできない症状の1つなんです。

加齢による腸内環境で著しく変化するのが、腸内に住んでいる細菌【腸内細菌】なんです。

近年、腸内細菌についての研究は、世界各国で行われており、最先端の健康法として確立しています。

通常、健康な人の腸内には、腸内細菌という約100種類、100兆個〜1000兆個の細菌が生息しています。

この腸内細菌の中で、私たちの健康にもっとも寄与する腸内細菌は、【善玉菌】と呼ばれています。

この善玉菌、赤ちゃん(乳幼児)の腸内環境は約90%が善玉菌なのですが、30代以降から徐々に減り始め、60歳で1%未満にまで低下すると言われているんです。

加齢により腸内細菌の善玉菌が減少することで、有害なものを体外に排出してくれる働きや悪玉菌が発生する有害物質の抑制などの働きをしてくれています。

善玉菌が減少すると、身体の防衛機能が低下し、老化を加速させる原因ともなってしまうんです。

これらの原因が分かっている一方で、老化には活性酸素・腸内環境の変化のみならず、様々な要因が複雑に絡み合っていることから、一概に【老化を確実に抑え込むことはできない】という考えも存在しています。

それは、私たちの体を構成している細胞の仕組みによるものも、大きな原因となっているんです。

実は、細胞のレベルで見てみると老化は生まれた直後から始まるとも言えるのです。

人の胎児から採取した細胞に対する研究で、胎児から採取した細胞はおよそ50回の分裂が限界であることが分かりました。

このように限界まで分裂した細胞は、老化細胞と呼ばれています。

老化細胞では、増殖能力がもとに戻れないように制御されており、老化細胞に増殖を促す処理を施しても、再度増殖が始まることはないのです。

若い頃は機能の低下した細胞は取り除かれ、新しい細胞が補充されることで、組織としての機能を保ち、老化を防ぐことができますが、年齢と共に細胞が入れ替わるスピードは遅くなり、新しい細胞に取り替えることができなくなると、組織の機能が低下し、徐々に老化が進行してしまうのです。

そして、最終的には細胞分裂の限界にまで達した細胞で生きていかなければならなくなります。

このような、老化の症状は私たちに必ず付いてくる自然現象と言っても過言ではありません。

しかし、健康で元気に過ごすためには、この老化とうまい具合に距離をとり、自分でコントロールする他はありません。

02.加齢による不調の原因を知ろう

加齢の原因あなたの体が健康かどうかは、あなたしか分からない部分がたくさんあると思います。

では、あなたの加齢による不調の原因はなんなのでしょうか?

下のチェックシートで調べることができます。

当てはまる項目にチェックを入れてみましょう!

〈加齢による不調チェックシート〉

◯野菜・キノコが嫌いだ。
◯冬になると肌がかさつく。
◯風邪をひきやすい。
◯太陽の下で運動をするのが好きだ。
◯最近、肌がゴムなどでかぶれやすくなった。
◯近頃急にイボ、シミ、くすみ、シワが増えた。
◯昼夜逆転した生活を送っている。
◯ものもらい、結膜炎によくかかる。
◯油断をすると、すぐ喉が腫れ、痛くなる。
◯人間関係に悩んでいる。不安が多い。
◯そういえばこのごろ大笑いをしていない。
◯以前よりも怒りっぽくなったような気がする。
◯ヘビースモーカーである。
◯口臭・体臭が気になる。おならが臭い。
◯発酵食品を食べる習慣がない。

△瞬きが多いと言われる。
△睡眠不足が続いている。
△昔に比べ肩こり、頭痛が増えた。
△左右の目に視力差がある。
△最近、メガネの度数が合わなくなった。
△片方の目で見ると、よく見えない箇所がある。
△時々、目が痛むことがある。
△定期検診で糖尿病に注意するよう言われたことがある。
△コンタクトレンズをつけている。
△非常に微かだが、斜視である。
△泣こうとしても、泣けない。
△パソコンの画面を見つめている時間が長い。
△炎のそばでする仕事が多い。
△ねばねばした白い目ヤニがよく出る。
△職場は年中エアコンで空気が乾燥気味だ。

◇痺れるからではなく、痛いから正座できない。
◇体が硬いのでストレッチは嫌いだ。
◇職業柄、立ち仕事が多い。
◇キッチンの作業台が自分の体格に合っていない。
◇靴底を見ると、外側のふちがすり減っている。
◇すでに閉経を迎えた。
◇O脚だと言われたことがある。
◇食事はとにかく肉が好き。
◇酒量が多い、休肝日がない。
◇気が進まない日もウォーキングはかかさない。
◇鶏肉の皮や煮魚の煮こごりが嫌いだ。
◇歩くとコキンコキンと鳴る時がある。
◇3階なら迷わずエレベーターかエスカレーターに乗る。
◇痩せて筋肉が少ない。また、明らかに肥満である。
◇重い荷物を持つことがよくある。

チェックの多かった項目から、あなたの加齢トラブルの原因を解説していきます。


◯の項目が多いあなたは・・・?
女性の悩み

免疫力低下トラブル

大病を経験したことはまだなく、集団検診で〈再検査〉を命じられたこともまだないが、以前と比べたら明らかに体力が落ちている、無理がきかなくなった。
見た目も少し老け込んだかな・・・と感じているあなたは、体の内側の老化が進んでいるはずです。

老化を遅らせるには免疫力を増すことが第一です。

そのためには、ストレスを上手に処理して、ホルモンバランスを整えましょう。

今以上に体の酸化が進まないように、抗酸化力の豊富な食事を工夫しましょう。

適度で軽めの運動も免疫力を高める効果があります。


△の項目が多いあなたは・・・?
視力低下

視力低下トラブル


老眼なしでもまだ大丈夫。近視の眼鏡を外せば、新聞も時刻表も見ることができるし、近視ではない人は、目から少し遠ざけるだけで大丈夫。でも、そんなあなたでも目は確実に疲れやすくなったはず。

夕暮れ時には目がかすみ、しょぼしょぼするのと同時に、頭痛や肩こりも増えてきたのではないでしょうか?

原因は目そのものが悪くなっている、もしくは体の異常を目が伝えている場合も。

視野に異常を生じる前に、必ず専門医の検診を早めに受けましょう。

早期発見なら、いろいろなトラブルを改善できるのです。

 

◇の項目が多いあなたは・・?

膝痛み

炎症トラブル

怠けると嫌なので、少し天気が悪くてもウォーキングを欠かさないけれど、一生懸命になると膝が痛む時がある。
しかし、それは年齢のせいで、それくらいの強度・負荷がないと運動する意味がないし、まだまだ動けるから問題なしと思っていませんか?

その痛みは目で見ても分からない、体の異変や炎症が隠れているサインです。

昔と比べ太ったなど、加齢による炎症の原因はさまざま。

そんな痛みをほっておいて、筋肉ばかり鍛えても、根本的な原因が手付かずでは、明日もまた膝が痛みます。

痛む時は運動ではなく、痛みを抑える対策を第一に考えましょう。

03.不調の原因に効果のあるサプリメント成分

サプリメントこの加齢による不調を改善するためには、サプリメントを摂取することも1つ有効な方法です。

日常生活に支障がある場合は、医療機関の受診を強くおすすめしますが、なんとなく最近いつもと違うななど、些細な体の変化を感じた時が、改善する時にもっとも効果がでるのです。

自分の健康は自分で守りましょう。

では、加齢による不調トラブル別に有効なサプリメント成分をご紹介します。

◯免疫力低下トラブルの方にオススメのサプリメント成分

 

コエンザイムQ10・乳酸菌・ミスカミスカ・ユーグレナ・キャッツクロー など

 

免疫細胞の活性化と、腸内環境を正常化させる栄養をしっかり摂取しましょう。

△視力低下トラブルの方にオススメのサプリメント成分

 

ブルーベリー(アントシアニン)・ビタミンE・DHA・EPA・キャッツクロー など

 

抗酸化成分を多く含む栄養と血行を促進する成分を進んで摂取しましょう。

◇炎症トラブルの方にオススメのサプリメント成分

 

MSM(メチルサルフォニルメタン)・キャッツクロー ・キトサン・コンドロイチンなど

 

今以上に軟骨を減らさないようにする成分、痛みの原因を抑えれくれる成分を摂りましょう。

 

04.年齢に負けない快適生活を

加齢防止歳を重ねるということはすべての人に平等です。

年齢を重ねると、人間の深みが増し、見るもの感じるものもまた違っているのではないでしょうか?

人生100年の時代になった今、今だから楽しめることはたくさんありますよね。

体が健康で、良い時間を心から楽しむことができるようになるために、

ぜひ、あなたに合ったサプリメント成分を摂り、加齢の不調に負けない元気な毎日を過ごしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です