免疫力を回復させる南米原産の神秘のハーブ!アメリカでも大人気の【キャッツクロー】とは?

あなたは、【キャッツクロー 】という
植物があることをご存知でしょうか?

サプリメント大国アメリカでは、人気TOP10にランクインするほど、非常に人気のある健康食品として使用されています。 ではその、キャッツクロー 。なぜ、人気なのでしょうか?

この記事ではその人気の理由をはじめ、歴史や有効成分をご紹介します。

目次は以下の通りです。

01. 免疫力を向上させる薬草、キャッツクローとは?
02. キャッツクロー の歴史
03. 世界的にも注目されているキャッツクロー
04. 病気・老化予防の基本は『免疫力』
05. キャッツクロー に含まれるさまざまな有効成分
06. 活性酸素から体を守るキャッツクロー
07. 老化防止、美容にも有効なキャッツクロー の力
08. 腸を清浄化するキャッツクロー の効果
09. WHOからも認められた副作用のない抗炎症剤
10. 自然治癒力を見直す

免疫力を向上させる薬草
キャッツクローとは?

日本ではあまり知名度が高くないので、
きっと初めて名前を聞く方も多いと思います。

【キャッツクロー】学名では【ウンカリア・トメントーサ】といいます。猫の爪のような鉤型(かぎがた)のトゲがあることから、 その名がつけられました。

南米ペルー東部に広がる、アマゾンのジャングル地帯に自生する植物で、 他の樹木に巻きつきながら伸びていき、年数を経て30メートル以上にも成長します。

木々がうっそうと茂るアマゾンでも、1ヘクタールに数本しか自生していない、大変希少な植物です。 1ヘクタールはおよそ25メートルプール36個分の広さがあるので、かなり希少だとご理解いただけると思います。

ちなみに、キャッツクロー の樹皮や根の部分に薬効成分が含まれていて、それを粉末にしたり抽出してエキスにして健康食品の原料としています。 ペルーではインカ帝国の時代から、王族をはじめとして、キャッツクローをさまざまな病気の治療に用い、免疫力を上げる伝承ハーブとして代々受け継がれ、 現在まで使われているのです。

健康に関してさまざまな商品や情報が飛びかっているアメリカでは、 1995年に健康食品市場に、キャッツクローが登場してからは、 ハーブ系サプリメントの中では、ナンバーワンの人気を得るまでに至っています。

そのため、有益で貴重なキャッツクロー の需要が増えすぎ、キャッツクロー の乱伐が行われました。 そこで、1995年にはペルー政府が法律を制定し、キャッツクロー の根を使うことを禁止し、政府が厳重に保護しています。

キャッツクローの歴史

何百年以上も昔からペルーの人たちは、キャッツクローの樹皮、茎、根を、 さまざまな病気の治療薬として使用してきました。彼らの間では、 《健康を守る奇跡の植物》 として古くからその効果が言い伝えられてきました。

キャッツクローが、本格的に科学的に研究され始めたのは、 1970年代にはいってからです。それから、多くの学者や医師らの研究によってキャッツクロー に含まれる有効成分や、漢方薬より優れた効果が、科学的・医学的に証明されてきました。

世界的に注目されているキャッツクロー

アメリカで人気のハーブキャッツクローですが、なぜ、こんなにも注目されているのでしょうか。実はその理由は<アメリカの社会情勢>にあります。

よく知られた話ですが、アメリカでは日本のような医療保険制度が完備されていません。つまり、病院で治療を受けると莫大な費用がかかるのです。

そのため

『自分の健康は自分で守る』

という意識が非常に高く、スーパーマーケットに行けば、実に多くの健康補助食品が並んでいます。また病気の改善・健康増進のために、現代医学や薬学による治療ではなく、東洋医学や、民間療法などの効果のあるものを用いた治療【代替医療】が政府からの認可を受け、医療の一分野として確立されています。

そして、キャッツクローはそういった健康に対して意識の高い人々から、免疫力を上げる魔法のハーブとして選ばれ続けているのです。また、1986年に旧ソ連で起こった「チェルノブイリ原発事故」で、放射線による被害者の治療にキャッツクローが使用されました。

この大きな出来事で、確かな薬効が世界的に認められ、 1994年、ジュネーブで開かれたWHO(世界保健機関)では、【副作用のない抗炎症剤】として、広く認知されていきました。現在、オーストリアとドイツでは、 キャッツクロー が医師の処方箋を必要とし、【薬剤師による調剤によって処方される医薬品(処方箋薬)】として販売されています。

病気・老化予防の基本は『免疫力』

これはあまり知られていない話ですが、すべての病気や老化の元は、【炎症】から始まると言われています。炎症というと、わかりやすいのが蚊に刺された時です。触ると熱を持ち、赤く腫れ上がりますよね。

体にとっての異物に反応し、排除しようとした結果、【炎症】という反応が起こります。 本来【炎症】は、私たちの体を守る《治療プロセス》《免疫システム》ですが、その【炎症】が《慢性的》になるときに、免疫系の暴走が始まり、自分の体を攻撃し始めます。

その反応により、本来攻撃対象ではない健康的な組織を攻撃し、臓器が壊され、さまざまな病気を発症したり、老化が加速する原因になるんです。また、このような病気の元となる《慢性的な炎症》の恐ろしいところは、自覚症状がほとんどないことです。

慢性的な炎症を抑えることは【自己免疫システムの正常化】により防ぐことができます。免疫システムとは、私たちが持っている【自然治癒力】。さまざまな免疫細胞が私たちの自然治癒力に大きな働きをしています。キャッツクロー には、免疫システムを調整することにより、慢性的な炎症を抑え、健康に若々しくいられるようになるための有効成分が多く含まれています。

キャッツクローが注目されている理由は、私たちの持っている【自然治癒力】そのものを高めてくれる効果があるからです。

キャッツクロー独自の様々な有効成分

キャッツクロー には、様々な身体に有益な成分が多数含まれています。 キャッツクロー にしか含まれていない、代表的な有効成分は、 《オキシインドールアルカロイド》です。

《オキシインドールアルカロイド》は、 《ペンタサイクリックオキシインドールアルカロイド(POA)》 と呼ばれる、6種類のアルカロイドで構成されています。 アルカロイドとは、 【アルカリ様物質】という意味で、 植物に含まれている複雑な構造をした、窒素含有塩基性物質のことです。

アルカロイドには、私たちの体に対して、 様々な薬理作用を発揮する効果があります。 キャッツクロー 独自の6種類の ペンタサイクリックオキシインドールアルカロイドは、

・イソプテロポディン
・プテロポディン
・イソミトラフィリン
・イソリンコフィリン
・ミトラフィリン
・リンコフィリン

です。 ペンタサイクリックオキシインドールアルカロイドの働きは、 好中球やマクロファージなど、私たちの身体に備わっている、 免疫細胞の貪食作用を促進し、免疫機能を増強する作用があります。

また、

・神経節のブロック作用
・副交感神経の感覚伝達を高める効果
・細菌の繁殖、血小板の凝集を抑制し、血栓を予防する効果
・血圧を下げ、血液の循環を促すとともに、動脈壁のプラーク形成 (動脈硬化の原因となるもの)を抑制する効果

など、 私たちの体にさまざまな有益効果があることが分かっています。

そのほかにも、

【キノビック酸グルコシド】強い抗ウイルス作用

【トリテルペン】抗酸化、抗腫瘍、抗潰瘍、抗炎症、抗アレルギー

【免疫細胞増加作用】プロアントシアニジン ・ビタミンEの50倍、ビタミンCの20倍以上の 《活性酸素除去作用》、ビタミンCの吸収を高める効果 ・抗アレルギー、抗腫瘍、抗炎症作用・低血圧改善効果

【植物ステロール】コレステロールレベルを制御する作用 ・疲労回復効果 ・持続力増強(スタミナ向上)

などなど、 キャッツクロー には様々な有効成分が複合的に含まれ、 6種類のペンタサイクリックオキシインドールアルカロイドと 他有効成分がいっしょに作用すると、 さらに優れた相乗効果を発揮することが分かっています。 キャッツクロー に副作用が見られないというのも、 この様々な成分の働きによって、 バランスの取れた効果がもたらされるからなのです。

活性酸素から体を守るキャッツクロー

活性酸素は、人間の体の老化や病気に深く関係しています。 活性酸素は、私たちの体の中で常に発生しています。 私たちが呼吸をしたときに空気中から取り入れた酸素が、 体の中でエネルギーに使われる際に、副産物として活性酸素に変わるんです。

その活性酸素。 実は、本来、 私たちの体の異常部分、 例えば、ウイルスに感染した細胞や DNAの異常によって発生したがん細胞などを、 攻撃するために使われ、体を守るためになくてはならないものなんです。

しかし、

・激しい運動
・食べ過ぎ
・酸化した油の摂取
・細菌の感染
・ストレスを受ける
・放射線や紫外線
・OA機器や、電化製品から出る電磁波
・空気汚染 ・化学薬品

などなど 日常的にある様々な要因で、活性酸素は発生量が増加するんです。 その増加した活性酸素が、わたしたちの体を錆びさせ、腐らせる。 それが、老化や様々な病気の元になっていくのです。

ガン、心臓病、脳卒中、高血圧、動脈硬化、糖尿病、通風などの生活習慣病や、 アレルギー、皮膚炎、慢性疲労症候群、白内障などの病気に 活性酸素は関与しています。 女性の天敵、シワ、シミなども元凶は活性酸素なのです。

【キャッツクロー】 には 強い抗酸化作用(活性酸素を消去させる力)に 有効な、【フラボノイド類(ポリフェノール・プロアントシアニジン・カテキンなど)】 を多く含むため、 安全かつより健康的に、活性酸素を除去してくれる効果があるんです。

老化防止、美容にも有効なキャッツクローの力

活性酸素の害から体を守るためには、 普段から抗酸化物質を十分にとっておくことが大事になってきます。 とくに、ある程度歳をとってくると、 活性酸素を体内で排除してくれる酵素を作る能力も低下してきます。

いつまでも変わらない健康的な体を守る上では、 【活性酸素対策】 が欠かせないと言えるでしょう。 キャッツクロー には、 【ポリフェノールとプロアントシアニジン】 という抗酸化物質が含まれています。

特に、 【プロアントシアニジン】 には、 ビタミンEの50倍以上、 ビタミンCの20倍以上の活性酸素消去作用があるとわかっています。 また、キャッツクロー の樹皮粉末に、 強いフリーラジカル(活性酸素の1種)の 消去作用があることも研究でわかっています。

ふだんからキャッツクロー をとることで、 活性酸素の害から身を守り、 体の中から元気になり、肌も若々しくいられ、 毎日の生活がもっと楽しくなってくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です